日本医薬品卸勤務薬剤師会

 年 表 

年月日 関連会議等 協議・決定等特筆事項
平成20年(2008)
1/16 (大阪会場)
1/18 (東京会場)
平成19年度フォーラム
( 於 薬業年金会館)
( 於 東京ガーデンパレス)
大阪会場及び東京会場にて開催
「社会保障制度改革の動向とリハビリテーション医療」
会員発表 テーマ「地域における卸勤務薬剤師の活動」
  @ 東京ブロック(東京都支部) 宇高啓介(大阪)
                      本多俊司(東京)
  A 東海ブロック(静岡県支部) 山崎肇子(両会場)
  B 北陸ブロック(富山県支部) 斉藤麻由(両会場)
  C 九州ブロック(福岡県支部) 梁井憲蔵(両会場)
  D 東北ブロック(山形県支部) 今井 妙(東京)
講演 日本医薬品卸業連合会 薬制委員会 JGSP改訂小委員会
 益田拓郎三浦幹雄☆井上裕一郎山本樹男
 一條 宏☆坂巻和夫岸本紀子寺 弘志
 「JGSP2007について」
2/15 第3回正副会長会議
3/28 DI委員会
加藤副会長
1) JGSP2007を経営層にまで周知徹底するために、われわれ卸勤務薬剤師会に何ができる
2) 卸勤務薬剤師会のあり方について
  会則には卸連合会との関係について
  卸勤務薬剤師会のHPの位置づけをどうする
3) DI委員会の活動について
  卸業の共通の母体として何をする
  DI実例集はこのままでいいのか
JGSP2007中の「情報」の部分についてDI委員会としてどのような役割を持つべきか
4/18 平成20年度常任理事会
平成19年度事業報告(案)及び決算について
   平成19年度事業については、創立30周年という記念すべき年 であり、記念行事をはじめ、各委員会活動においても卸勤務 薬剤師会の会則見直しや当会のあるべき姿などについて充実 した討議が行なわれた。
 平成19年度決算は総予算で赤字にこそならなかったものの 次期繰越金が微少となり、平成20年度初期の運営が難しい 状況が発生する結果となった。
平成20年度事業計画(案)及び収支予算(案)について
   平成19年度決算を受けて、平成20年度事業計画として出来 る限り事業内容を抑制することなく充実させることが求めら れる状況となった。その対策として会費の値上げが検討され、 現在の4,000円から6,000円への提案があった。可能な限り会費 の値上げを避けていく方針が打出され、平成20年度予算(案) は今後の成り行きを見ながら考慮することとなった。
 事業内容に関しては、従来の3委員会を解組し、改めて少 人数の「実務委員会」を組織し、正副会長とともに当会の運営 について検討することとなった。
4/22 平成19年度監査
6/5 平成20年度
第1回正副会長会議
平成20年度事業計画(案)及び収支予算(案)について
 平成19年度決算を受けて、平成20年度事業計画として出来 る限り事業内容を抑制することなく充実させることが求めら れる状況となった。その対策として会費の値上げが検討され、 現在の4,000円から6,000円への提案があった。可能な限り会費 の値上げを避けていく方針が打出され、平成20年度予算(案) は今後の成り行きを見ながら考慮することとなった。
 事業内容に関しては、従来の3委員会を解組し、改めて少 人数の「実務委員会」を組織し、正副会長とともに当会の運営 について検討することとなった。
平成20年度役員選出(常任理事)について
   北海道ブロック  師尾 仁 → 眞鍋晃彦
   東北ブロック   石舘公道 → 一條 宏
   東海ブロック   曽我純男 → 中北馨介
6/6 平成20年度理事会
(於 東京ガーデンパレス)
平成19年度事業報告
   若狭副会長から報告され、特に異議なく承認された。
 平成19年度収支決算報告は事務局長より収支決算書に 基づいて行なわれ、総合的には、決算額が赤字にこそならな かったが、次期繰越金が僅少となったことが報告された。
 山口監事より平成19年度監査結果が報告され、報告事項 は全て承認された。
平成20年度事業計画案について
   財政上の問題があり、今年度は従来の委員会組織を一旦 解散し、新たに少人数による「実務委員会(仮称)」を設置し、 正副会長及び事務局と協力して会の運営を行ない、例年 行なってきた理事会後の研修会を中止、機関紙「勤薬だより」 発刊中止、勤薬HPの閉鎖等について、またフォーラムに ついては昨年同様に大阪・東京の2会場で実施する計画案等が承認された。
役員改選について
   従来副会長3人体制を4人体制とするに当たり東京支部長 竹村秀明氏を会長が推薦、北海道ブロック:眞鍋晃彦氏、 東北ブロック:一條 宏氏、東海ブロック:中北馨介氏が夫々 会長から指名を受け、協議事案はすべて承認された。
7/18 第2回正副会長会議及び
第1回実務委員会
木俣会長訓示
   新しく設立した実務委員会の機能を発揮し、効率的且つ有機 的な勤薬本部・支部活動の実現に今年から会費の値上、 会の運営においても極力冗費を節減。 実務委員会の発足を機に今まで以上に連合会との連携を 密にしていく必要がある。 昨年度、JGSP改訂が連合会薬制委員会によって行なわれ たが、この規範の浸透のためにも勤薬として活動すべきであり 連合会の中での勤薬の存在が一層確かなものになる。
【今後の卸勤務薬剤師会の活動として】
卸勤務薬剤師会の存在意義と活動目標について(安藤副会長)
  (1)JGSP2007の啓蒙・実践
  (2)会則の改正
  (3)会員(特に地方の会員)発表の場を広げる
  (4)「研修教本T」の使用促進
  (5)DI情報の収集と発信
卸連合会との連携強化について(加藤副会長)
  (1)会則の中での卸連合会との連携
  (2)環境変化と卸勤務薬剤師の役割
  (3)実務委員会の方向性について
日本薬剤師会との連携について(事務局長)
   日本薬剤師会の会長交代により、新たに日本薬剤師会と しての将来ビジョンをまとめるに当たり、具体的に実施可能な 方策を打ち出し、全国へ徹底し、卸勤薬として恥じないよう 実践していただきたい。
8/11 実務委員会打合せ
JGSPについて
  @ JGSP説明用パワーポイントは経営者層向けと(管理)薬剤師用のものを作る。
  A 説明者育成のためにブロック長、支部長或いは地域に 影響力のある人に対してレクチャーし、リーダーとなって もらって地域に浸透させる(連合会との協力)。
会則の改正について:正副会長の段階で調整、原案をまとめる。
フォーラム:4ブロックから発表
  テーマ「地域における卸勤務薬剤師の活動」
研修会について
  日薬卸薬剤師部会研修会への参加を積極的に勧める。
なお、来年度からは、研修会再開の方向で検討。
研修制度について
  改廃を含めて、本年度中に結論を出す。
月刊卸薬業購読について
  全国で約300支店・営業所が未購読となっていることが判明。
ここに購読を勧めていく方策を実務委員会で検討する。
JGSPの薬剤師説明用パワーポイント作成について
8/25 第2回実務委員会
・JGSPの薬剤師説明用パワーポイント作成
10/12、13 日本薬剤師会学術大会
(於 宮崎市)
後発医薬品に関するセッションに三浦幹雄会員が参加し、発言
11/4 HP打合せ会
(加藤・竹村副会長)
卸勤務薬剤師会 ホームページの内容の検討
  会則、沿革、行事、組織、委員会、通知、出版物、会員のページ、リンク
11/28 第3回実務委員会
平成21年度役員改選について
   会長、副会長については、勤薬として改革が始まったところ であり、できる限り現在の役員を踏襲していく方向を確認
平成20年度フォーラムについて
  (1)プログラムについて
  (2)アンケート内容について
  (3)実務委員の役割分担について
  (4)会員発表者に対する経費について
ホームページ及び研修制度の再構築について
   HP及び研修制度に関して夫々検討チームを設置し検討 することとなった。 基本的に研修制度は継続する方向が打ち出されたが、全国 の卸業界が挙げて取組めるような形のものにして行くこと が勤薬の事業として有意義である。
卸連合会における卸勤務薬剤師会の位置づけについて
JGSPの今後の展開について