日本医薬品卸勤務薬剤師会

 年 表 

年月日 関連会議等 協議・決定等特筆事項
平成2年(1990)1/30 DI委員会
@卸連合会から卸DI実例集(第4集)の編集について協力依頼
ADI研修会の運営を協議
内容を、シンポジウム、特別講演、パネルディスカッションとする。
2/22 試験検査検討委員会
@平成2年度統一試験品目等選定の検討
A医薬品の随時試験実施要領
正副会長会議に提案・了承のうえ、卸連合会常任理事会に報告し、各構成企業代表者あて通知する。
3/7 正副会長会議
@卸管理薬剤師実態調査表の検討
A会員の表彰(本部推薦候補者)の選定
B卸統一試験のまとめ
3/7 総務委員会
@会員の表彰
推薦状況、経費、表彰者への伝達方法等を検討
Aブロック協議会活動報告
未報告のブロックに開催状況を照会する。
B卸管理薬剤師実態調査表の検討
C卸勤務薬剤師会会誌
平成2年度から、年1回の発行を目標に広報専門実務委員が中心となって検討する。
D研修修了証
登録手数料の値上げについて、研修・啓発委員会の見解を確認のうえ常任理事会に報告する。
3/15 研修・啓発委員会
@平成2年度継続研修のメインテーマの検討
A教育研修管理者導入研修の見直しの検討
集合研修以外の方法、カリキュラムの見直し、特例認定等の具体的結果を平成2年度中に正副会長会議に答申する。
B教育研修アンケート
試案をもとに、正副会長会議に報告する。
C教育研修修了者の登録手数料、販売担当者教育研修修了者の登録手数料(修了証の発行)は、新規・再交付ともに1,000円、教育研修管理者は、ともに2,000円とすることで正副会長会議の了承を得る。
4/1 日本薬剤師会
日薬の職種部会として卸勤務薬剤師部会が発足
(役員等一覧表)
担当副会長  境野  雅憲
部  会  長  高木  皓次(日薬理事)
副 部 会 長  村井研一郎(日薬理事)
副 部 会 長  枝廣  圭介(卸勤薬副会長)
副 部 会 長  河合 清(卸勤薬常任理事)
常 任 幹 事  国松  季彦(卸勤薬支部長)
常 任 幹 事  萩原  健壽(卸勤薬支部長)
常 任 幹 事  保田  正夫(卸勤薬広報専門実務委員)
常 任 幹 事  土屋  正康(卸勤薬常務理事・事務局長)
幹      事  里村  高次(卸勤薬研修・啓発委員会委員長)
幹      事  河村  芳男(卸勤薬試験検査検討委員会委員長)
幹      事  遠藤恵美子(卸勤薬DI委員会委員長)
幹      事  後藤  芳一(卸勤薬DI委員)
幹      事  涌羅  彰夫(卸勤薬支部監事)
監      事  久池井正夫(卸勤薬支部常任理事)
4/25 正副会長会議
@会員の表彰
本部・ブロック長から推薦された候補者の報告、表彰方法
(表彰状・記念品)の協議
A委員会の開催状況の報告
B平成元年度事業並びに収支決算の報告
C平成2年度事業計画、収支予算編成、収支予算(案)の検討
D第13回理事会の運営 等
4/25 常任理事会
@表彰者の選考
A第13回理事会の議事内容の協議
B日薬高木理事が出席、部会の設置までの経緯、今後のあり方等について説明
5/31 第13回理事会
(於 経済倶楽部)
平成元年度事業、同年度収支決算、同年度監査結果を報告
日薬卸勤務薬剤師部会の設置、部会長、監事等を報告
平成2年度事業計画(案)、同年度収支予算(案)を協議し、原案どおり承認、可決
その他
眞鍋五郎常任理事の退任と斎藤元護常任理事の選任を承認
平成2年度重点事業項目
@教育研修の推進
A統一試験の実施と推進
B卸管理薬剤師業務の実態調査
業務マニュアル的な管理記録簿作成準備のため、日頃の業務に対する実態、意識等を調査する目的で実施
C卸販売一般販売業随時試験実施要領の作成
Dブロック協議会活動の推進
ブロック編成、課題等のあり方について具体的、流動的な視野から検討
E会員の表彰
F管理薬剤師の自己啓発の助成
会誌の発行、情報の活動、研修会の充実
G広報活動の推進
H日本薬剤師会事業への協力
I各種委員会活動の推進
6/1 第1回卸勤務薬剤師部会
幹事会
第23回日薬学術大会卸勤務薬剤師分科会
(第1回・於 高知市)の検討(特別講演、会員の研究発表等)
6/28 正副会長・各委員会
委員長合同会議
@各委員会の開催日程
A平成2年度の各委員会の主な検討事項
B日薬学術大会の運営協力
7/19 総務委員会
@日薬から依頼のあった事項
行政部会主催の研修会講師として福神会長(東京会場)、井村副会長(大阪会場)を派遣依頼することを報告
「講演テーマ:卸の現状と今後の課題」
A薬業教育、生涯教育合同分科会のパネラーは枝廣副会長に一任
Bブロック協議会活動の推進
実績、協議内容、予算等関係資料を添えて会長名で開催の要請をする。
C平成3年度の会員表彰
基本的には前年度と同様とする。
D研修修了者に対する付加価値については継続検討とする。
7/25 DI委員会
@DI研修会
1月末に大阪で開催(シンポジウム、会員発表、特別講演を予定)
Aメーカーとの懇談会
10月25日を予定 等
7/25 試験検査検討委員会
@統一試験の検討と推進
前支部参加及び参加企業、参加者数を全数の70%となるよう目標を置く。
A過去に実施した統一試験のまとめ
B卸売一般販売業随時試験実施要領の活用の推進
C管理記録簿の作成
D平成3年度日薬学術大会における学術発表等の対応
8/10 研修・啓発委員会
@各企業における販売担当者の継続研修のあり方の検討
A研修修了認定細則の検討
10/25 DI委員会
@DI研修会の内容の検討
A製薬協再評価委員会PMS部会との懇談内容の協議
11/11 第23回日薬学術大会・卸勤務薬剤師分科会(於 高知市) 詳細は「勤薬だより」(創刊号)に掲載
11/22 試験検査検討委員会
@平成3年度統一試験品目等選定の検討
A過去に実施した統一試験のまとめ
B「卸管理試験法(素案)に基づき、小委員会を設置し検討のうえ、正副会長会議に提案する。
11/30 正副会長・委員長
合同会議
各委員会報告